友人同士のお金の貸し借りについて思うこと

"友人同士のお金の貸し借りについて、みなさんはどのように思っていらっしゃいますか?まったく気にしないという人もいらっしゃれば、絶対に嫌だと思っている人もいらっしゃって、考え方は人それぞれなのではないでしょうか?

そういう私はどうなのかと言いますと、友人同士のお金の貸し借りというのは、基本的にはあまり行いたくないと考えているほうなんです。
なぜなら、お金の貸し借りによって、友情が壊れてしまう場合があるように感じているからなんですけれどもね。ですので、私自身が友人からお金を借りるのも、お金を貸すのも、できるだけ避けたいと考えているんですよ。

とは言えども、上記はあくまでも「基本的に」ということなので、例外がやっぱりあるんです。
友人が本当に困っているとき、他に方法がないとき、私がお金を貸すことが唯一の方法のとき、お金を貸すことが友人のために本当になるとき、そしてその友人なら何がなんでも絶対にお金を返してくれると信じられるときとかだったら、喜んでお金を貸しますよ。

逆に言うと、お金を貸すことが友人のためには決してならないと感じるときには、たとえ鬼と言われようと悪魔と言われようと、友人であるが故にお金を貸すことは絶対にないと思います。
たとえば、浪費癖があるような人だったとしたら、たとえお金を貸してその場では助かったとしても、根本的な解決には決してなりませんから。

また、今のところまだそのような事態に陥ったことは幸いないんですけれども、過去にお金を貸したことがある友人にだったら、お金を貸して欲しいとお願いしやすいかも?ともちょっと思うんですよね。
だって、そのような友人だからこそ、私がお金を貸した理由もわかっているでしょうし、私がお金を貸して欲しいと言わざるを得なくなった気持ちもわかるでしょうから。"

MENU

MENU

MENU

MENU

MENU