お金を貸してもいいと思える人と絶対に貸したくない人

"困っている人を見ると放っておけない私なんですけど、でも、ことお金のことに関してだけは結構シビアになってしまうんですよね・・・。

どうしてかと言うと、お金を貸すことがその人にとって本当に良いことなのか悩んでしまうからなんですけど。短期的に見れば良くても、長期的に見るとどうなのかと悩んでしまうからなんですけど。
でも、本当に困っているのを見ると、やっぱり放っておけないって思っちゃいますよね。
こんな私にでも、何かできることはないのかって思っちゃいますよね。

お金のことにはシビアな私なんですけど、実は人にお金を貸したことがあります。その時も、どうしようかと迷ったんですけど、その人にならお金を貸してもいいかなって思ったから。

それはどんな人なのかというと、古くからの友だちです。いつも明るく朗らかで、一緒にいるとこっちまで元気になれるようなそんな人です。
その人は、誰かが困っていると放っておけない性格のせいか、いろんな人から相談を持ちかけられることもたくさんあったみたいです。私も何度も相談したことがありますし、助けてもらったこともあります。

でも、その人自身が困っている時には、たとえどんなに困っていても、誰にも相談しようとしないんですよね。困っている時ほど、逆に明るく前向きに振る舞ったりして。

そんな人が思いつめた顔をして、「少しでいいからお金を貸して欲しい」って頼まれた時は本当に驚きました。
事情を聞いてみると、ご主人が突然入院することになったのでお金が必要なんだけど、お子さんが失業中で心配をかけたくないし、パートの仕事を増やしたけどどうしても足りないからってことだったんです。

いつもお金にだらしない人で、自分では何の努力もしないような人なら、お金を貸すなんて絶対にしませんけど、でも長年の付き合いで、その人のことをよく知っていたし、私もお金のこと以外だけど助けてもらったこともあるので、それ以上は何も聞かずにお金を貸してあげました。いつもお世話になっているお礼のつもりで、貸したお金が返って来なくても構わないぐらいの気持ちで。

ご心配なく。
その後、その人は期日までにお金をちゃんと返してくれましたので。

お金を貸してもいいと思える人って、人によっても状況によっても違うでしょうけど、普段のその人を見ていて信用できる人かどうかって、もしかしたら大事な判断基準になるのかもしれませんね。"

MENU

MENU

MENU

MENU

MENU